<卒業生の活動紹介> 米沢市の予約制サロン「ほぐし処 蓮櫻(れんおう)」

2024/01/29 ブログ

整体の専門学校「東洋整体術・東洋カイロプラクティック専門学院」は1600名を超える卒業生がいて、各地でご活躍されています。

今回は山形県米沢市でカフェ併設の予約制サロン「ほぐし処 蓮櫻」を運営されている
鈴木さん(2002年卒業)にインタヴューいたしました。

 


 

Q1 整体を勉強しようと思ったきっかけを教えてください。

 

学生時代運動部で体を傷め色んな整体、マッサージに行っていたので、とても興味がありました。
これからの人生設計を考えた時、自分の体の事もあり、人に喜ばれる仕事がしたいと思い整体の学校を探しました。

東洋カイロの学校説明会で施術を受けた印象が今までに体験したことのないものだったのと、東洋医学にも興味があったので「私にピッタリ!」と思い、入学を決めました。


 

Q2 東洋カイロプラクティック専門学院の印象を教えてください。


往復5時間半の通学でしたが「今日は何を学べるんだろう」と毎日楽しくて仕方なかったです。
学科、実技、共に充実していてましたが特に実技では施術を習うだけではなく、モデルとして施術を受けることでも押圧の感覚が学べました。

学校を卒業してからも先生の施術を予約し、その時体験した施術が今も役に立ってます。東洋整体術・カイロプラクティック専門学院の深部押圧、頸部押圧、ヘラ押圧は他の整体院にはなく、初めて来院された方には必ずビックリされます。

それがリピーターに多く来て頂ける一因だと思っています。
 

 

Q3 整体の仕事をやってみて大変な面、面白い面を教えてください。

 

<大変な面>
年々、歳を重ねているので体力の衰えです(笑。
 

<面白い面>
繰り返し通っていただくにつれ、お客様の姿勢、体の変化が分かり、「改善されてますね!」と一緒に喜べる瞬間にやりがいを感じます。

また、家族ぐるみのお付き合いになる方も多く、赤ちゃんだったお子さんが大学生、社会人になり整体にお越し頂くと感慨深いものがあります。


 

Q4 ご自分でやられている整体院について教えてください。


卒業後自宅でOpenして23年目に突入します。(2024年1月現在)
17年前に自宅が火災に遭い(その節は協会員の皆様に大変お世話になりました)、それをきっかけに私の療術所と姉が運営するcafeを併設し、現在の形となりました。
整体とcafe、心身への癒しの場としてご利用頂けたらと思います。

ほぐし処 蓮櫻
年齢、性別、状態に応じ押圧を加減し、お一人お一人に合った療術を心掛けております。
その為完全予約制とさせて頂いております。


cafe 蓮櫻
お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄り下さい。

 

療術をする鈴木さん